おさぴー文庫はじめました|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

おさぴー文庫はじめました2020-04-18

昨日から店内に書棚を組み立てて、本を少しだけですが置きはじめました。

 

云ってみれば「おさぴー文庫」みたいなものです。

 

 

おさぴー文庫

ささやかな本の世界をはじめました。お貸し出しいたします。

 

 

実は、おさぴー自分で云うことではないですが、本好きでかなりの冊数を持っていました。

 

それが一昨年の転居の際に、ほぼすべての本を捨ててしまいました。

 

 

捨ててしまった本の一部

捨ててしまった本のごく一部ですが、残念なことをしました。

 

 

亡き父の本も合わせると、千冊近くはあったと思います。

 

二世帯住宅から夫婦二人で暮らす小さなマンションに移るのに、本の置き場がなかったのです。

 

それで、どうしても捨てられない数十冊を残して、あとは泣く泣く処分してしまったのです。

 

読みたくなったら図書館で借りてくればいいやと、小説などの文学関係を捨ててしまったのは、今になってみると痛いです。

 

日本&世界文学全集とか大型の写真本などはもったいないことをしました。

 

 

それですっきりしたはずなのですが、また少しずつ本が増えてきて、家の本棚に入りきらなくなってきました。

Kindleなどの電子書籍のないものは、どうしても「本」で買ってしまいますものね。

 

カミさんとの約束で、服などもそうですが「買ったら捨てる」ことになっています。

 

おさだウイズ店のやまださん、青木さんと話していたら、「余っているんだったら店内に本棚を置いて読んでもらったり、お貸し出ししたらいいんじゃないですか」ってお話をもらいました。

 

 

コロナで時間が出来た頃合いで、「おさぴー文庫」設置したのです。

 

書き込みや付せんのついていない本で、家に置けないものから運び出しました。

 

捨ててしまった本たちがあれば、かなりおもしろかったのでしょうが、ゴメンナサイ。

かなり偏りがあり、しかもレパートリーも少ない状態で申し訳ないですが、よかったらご利用ください。

 

ワック♪てっくカードをお持ちの方でしたら、いつでもお貸し出しします。

 

お越しの際にチラッと見てみてくださいね。

 

 

また、お客さまの中で、もし

 

ご不要になりました本がございましたら、寄贈いただければとてもありがたいです。

 

どなたかの憩いや癒し、生きていくヒントになるものにめぐり逢っていただければうれしいなあって思っています。