おさだウイズ店の大黒柱|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

おさだウイズ店の大黒柱2016-11-21

今日は、25年にわたって快足楽歩カンパニーおさだウイズ店を支えてきてくれている「金ポコ」ことやまだをご紹介します。

 

yamada01

 

当店のお客さまには、もうすっかり信頼されていて、いろんなことを相談される存在ですが、まだおさだウイズ店をご存じでない方のために書いてみました。

 

おさだウイズ店がオープンして以来、感性的なこと、つまりデザインやカラー、コーディネートなど彼女に負うところがメッチャ大きかったのです。

 

金ポコの名前の通り(「金ポコ」の意味は遠山の金さん、つまり遊び人って意味ですが)、ご主人やご家族と年に数回以上アチコチ(海外)へ出向いて人生をエンジョイしていたりします。

そういう経験や積み重ねが、当店のメイン商品であるヨーロッパの婦人靴のセレクトに活かされています。

独自オーダーの靴など、とてもご好評なのですが、ほぼ彼女のカラー指定なのです。

 

yamada02

 

そんな彼女も、おさだウイズ店とともに年齢を重ねてきました。

でも、その年齢を重ねることによって、ますます磨きが掛かってくるところも多いのが人間の素晴らしさだと思っています。

 

advancedstyle

ニューヨークの街角をさっそうと闊歩する、あの「アドバンスト・スタイル」のご婦人たちのように、もっともっと輝いてくれると思います。

 

 

実は、やまだ。今年いっぱいで、お暇をいただくことになっています。

 

「えっ」っとびっくりされたお客さま方も多いでしょうが、ご心配なく。

詳しくは書けませんが、先ずは辞めてしばらくゆっくりしたい!とのことで、その後は未定です(*^_^*)

また、青木も育ってきてくれていますし、来春には素晴らしい新しい仲間が加わってくれます。

このことは、また後日ゆっくり書きますね。

 

今、橫丁の靴やはこれからの新しい「場」(靴屋さんという会社でもあり、お客さまと集う広場でもあり、働く仲間が愉しみながら生活の糧も得られる、そんな「場」と云うか「仕組み」)を作りたいと、いろんな方々のお知恵も借りながら妄想をたくましくしています。

 

お客さまと手前どもと、そしていろんな本物の商品を提供してくださる方々とが共感しあえるような、そんな新しい仕組みをつくっていきたいと思っています。

もう数年でリタイアしようと思っていたのですが、先に伸びそうです。

やまだも応援してくれるようです。

 

“おさだウイズ店の大黒柱” への6件のフィードバック

  1. 西田謙也 より:

    今日のメッセージは本当に身に染みました。素晴らしいです。未来への展望もあり、長田さんを取り巻くすべての人々に思い遣りが痛いほど感じられました。私達個人商店の先頭に立ってお手本になっていただきましてありがとうございます。

  2. 長田達郎(横丁の靴や@おさだウイズ店) より:

    西田さん、こんにちは。温かなコメントありがとうございます。
    大きな変化が当方にもやってきました。
    これから、時間のこと、働き方などいろいろ多様化してくると思います。
    そんな中で、働く人たちが愉しくイキイキと過ごせる「場」と「仕組み」づくりが、とても大切だなあって思っています。
    微力ながら、そんな変化を感じながら新しい道を進んでいければって思っています。
    また、いろいろ教えてくださいね。ありがとうございます。

  3. 神田 十世弘 より:

    長田さん今晩は神田です。
    山田さんのお話拝見させて頂きました
    ビックリです家内も非常に残念がっています。
    山田さんには色々と家内が相談させて頂き喜んでいましたが残念です。
    長田さんのお体がどれ位回復されているのか分かりませんがお店に
    とっても非常に痛い痛手だと思います、しかし山田さんの今後を
    考えると第三の人生(余暇、再趣味等)がまだまだ一杯あります
    山田さん頑張れ長いあいだご苦労さまでした。
    長田さんまだお店辞めれませんね頑張ってください。
    またお邪魔させて頂きます。

  4. 長田達郎(橫丁の靴や@おさだウイズ店) より:

    神田さん、こんばんは。おさだです。
    温かいお言葉、ありがとうございます。
    やまだの考えもあり、一応年内にて退職させていただきます。
    新しい人も入ってきますが、神田さまのようにお客さまからの励ましのお声もたくさん頂戴しています。
    今後のことにつきましては、来月の「かわら版」にて詳しく書かせていただきますので、ぜひご覧ください。安心していただけると思います。

    この頃、世の中の大きな変化の波を感じます。
    ちょうど、その変化がきたなぁって思いが強いです。これからいろんな仕組みをきちんとして、皆さま方によろこんでいただける商いを続けていきたいと思っていますので、何とぞよろしくお願いいたします。

  5. 宮島喜代 より:

    長田さんこんばんわ
    一度しか伺ったことがないうえに、お店の様子も把握していない私がコメントするのも大変失礼かと思いましたが、お店に伺えば皆さまがお揃いでいらっしゃると思っていたので、山田さんの今年いっぱいでとのお話を寂しく拝見しました。
    今更ながら二本の足できちんと歩く大切さを痛感しています。早く夏になりサンダルがほしいと今から半年先のことに胸が弾んでいます。

  6. 長田達郎(橫丁の靴や@おさだウイズ店) より:

    宮島さま、おはようございます。おさだ@橫丁の靴やです。
    うれしいコメント、ありがとうございます。
    その後、靴の具合いかがでしょうか? 何かございましたら、いつでもなんでも言ってくださいね。

    やまだのこと、ご心配をおかけします。
    まだ詳しくは書けませんが、この後もお客さまとご一緒できるようにできると思います。
    かわら版などでお知らせいたしますね。

    待ち望んでおられるサンダルも、ホントおすすめできる優れものです。
    ワクワクしながらお待ちいただけると、うれしいです。

コメントを残す