新しい靴の買い方|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

靴はちょっとくらい足が痛くても当たり前?

新しい靴の買い方

皆さんはどのように靴を買われますか?

きっとほとんどの方は、靴屋さんに行って、たくさん並んでいる靴の中から、気に入ったデザインのもので、自分の足がはまるものを購入している方がほとんどではないでしょうか?

「足に合う靴がない」「長時間歩くことは苦痛」なのは、仕方のないことだと思っていませんか?

本当に自分の足に合った靴を履くと、実は歩くことが心地よくて仕方ないのです。どんどん歩きたくなってしまうんです。

足ありきでの靴選び
新しい靴の買い方

おさだの靴選びは、「足ありき」での靴選びです。お客さまひとりひとりの足の状態をみせていただいた上で、足の特徴とご用途にあった靴選びをさせていただいています。たくさんある靴のなかから自分の足が入る靴を選ぶのではなく、自分の足にぴったりフィットする靴を選びます。

靴は、足に合わせて直せるものです
新しい靴の買い方

足に合う靴を選ばせていただいても、どうしても「ここがちょっと当たるかな…?」という箇所があると思います。オーダーメイドではない限り、そういうケースは致し方ないと考えています。おさだでは、そういった箇所をチェックし、微調整を行います。片方の足だけ少し余裕があるようならば靴のインソールを外し、コルク素材などを加工してサイズを調整したり、足に当たる部分があるならばその部分の革を伸ばしたりと、その方の足に合わせてフィットするようにします。

かかとの骨が靴底に当たって痛い方にはエックスツーという素材を使ったバタフライ加工を施したり、左右のアーチが違う方にはインソールの表を削ってアーチに合わせて貼るなどの加工をすることができます。

その辺りの手順は、コチラをご覧ください

この頃、多いもの・・・踵骨棘

しっかりお客さまの足の形を把握した上で、調整を行っていきます。行っていることは見た目にわずかな調整であっても、実際に履いてみると格段に違ってきます。どうぞお気軽にご相談ください!