おさだウイズ店に靴の陳列が少ない訳|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

おさだウイズ店に靴の陳列が少ない訳2016-03-11

バイクのないバイク屋さんに刺激されて

 

横丁の靴や、おさぴーが参加させていただいている勉強会に、「ワクワク系マーケティング実践会」があります。

ここでは、いろいろな多くの学びや気付きをいただいています。

その中でも、「人にフォーカス」ってことをよく言われます。

これは、扱っているモノや技術、サービスではなく、それを受け取られる人の思いや行動に着目して考える、と云うものです。

商品が本物であり素晴らしいことはもちろんのことで、その上にどのようにしたらもっとお客さまのお役に立てるかを考える。

そのようなことです。

 

おさだウイズ店ロゴ

 

快足楽歩カンパニー おさだウイズ店では、はじめてご来店された方は驚かれるのですが、ほとんど「商品」を陳列していません。

 

おさだウイズ店店内店内はとてもスッキリしています

 

普通の靴屋さんなら、棚にいろんな靴がいっぱい陳列されているのでしょうが、おさだウイズ店ではそうではありません。

当店も昔はよく似た風景の靴屋さん(それでも少なかった)でしたが、この数年で一気に陳列が少なくなりました。

もっと言えば、「靴の置いていない靴やさん」でもいいかと思っています。

 

それに至ったのには訳があります。

前述しました勉強会の先輩に「バイクのないバイク屋さん」を目指した方がいました。

最初聞いたとき、耳を疑いました。

正直、その真意がわからなかったのです。

何度かお話をお聴きし、その後の経過を知ってはじめて納得したのです。

そのお店は、外国のバイクメーカーさんと契約を結んでいて、お客さまひとりひとりの目的や乗り方、愉しみ方にあわせて、オーダー(セミオーダー)のバイクをお届けするのでした。

身長や体重、座高や足の長さによっても乗りやすいバイクは違いますし、乗り方や目的、愉しみ方によってもいろいろな仕様が異なってきます。

ですから、モデルになるバイクを一台置いていて、その方に適したバイクを設計しながらオーダーいただき、輸入するというシステムだったのです。

 

すごい発想ですよね。

これなら余分な在庫もかかえなくてもいいし、お客さまに合ったその方専用のオンリーワンのバイクが届くのです。

しかも、発注してからは届くのを ワクワクしながら待つという特典までついています(*^_^*)

そんなことを知ってから、その発想を活かせないかと考えるようになったのです。

靴の場合、フルオーダーですとメッチャ高くなりますし、カラーやデザインへのご希望も千差万別で、なかなかそれは叶いません。

でも、そのお客さまの「おみ足」に合わないものを並べていて、「これください!」と云われても合わないものはお売り出来ません。

 

それなら、いろいろなタイプや足型を考えて仕入れした商品を奥の在庫室に格納していて、お話をお聴きし計測をして、その方のご要望に添うものをお出しした方が、はるかに良いのではないかと考え、今に至ったのです。

 

店内でのひととき小さいですが、ゆったりした店内を使ってこんな催しも

 

足にピッタリ合った靴の履き心地や、自分の考えていたものとはよい意味で違う靴が目の前に現れたときの、お客さまのよろこびや笑顔。

それを知ってしまってからは、快足楽歩カンパニーおさだウイズ店は、今のスタイルになってきたのです。

 

結構な長文になってしまいました。

お読みいただき、ありがとうございました。

そんな、ちょっと変わった靴やですが、お客さまのよろこびやお役に立つ、と云う気概で日々がんばっていることをお伝えしたくて、こんなことを書いてみました。

初めての方、こんなお店ですがよかったらのぞいて体験してみませんか。

 

コメントを残す