愛して足もと、歩くこと見直してみませんか|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

愛して足もと、歩くこと見直してみませんか2007-03-09

こちらが当たり前と思っていることも、ごく普通の方々には「ええっ、そうなの?!」ということが、いろいろあります。

例えば、すっと脱ぎ履きできる靴は一見楽そうだが、実は足にはよくないこともその一つ。

ゆるい靴は、その中で足が遊んでしまい、ものすごく疲れるのです

そんな、靴やからすれば当たり前のことでも知られていないことは多いものです。

 

今日も、足が疲れて困っておられる方がご来店。

ご自分の申告サイズは、(23.5センチの3E)。

ところが、実際に計測してピッタリの靴を履いていただくと、「ええっ~、すごく履きよい。足が軽~い!!」と。

そこで、この靴 (24.5センチのDウイズ)なんですよと申し上げると、口をあんぐり。「私、これまでなんだったの!」といってしばし呆然。。

当然、お履きになってそのまま帰られましたが。

 

ところで、靴のこと、英語でFoot Wear って言いますね。

ところが、このフットウェアって、実は靴だけではなく、靴下、フットベッド(簡単に言うとインソール)とのコラボレーションが大事なんです。

 

5toesox

 

靴下(ソックス)の選択も心地よい履き心地に大きな影響を与えています。

ストッキング・丸ソックス・五本趾ソックス・裸足などで、歩行時の圧力分布などを見てみると、圧倒的に五本趾ソックスがいいんですね。

もちろんどんな場合も、これがよいとは限りません。

でも、いろんな効用のある五本趾ソックス、皆さまの非常識かも知れませんが、履いてみると目から鱗かも。一度ご体験あれ(お値段は、525円からいろいろあります)。

 

また、明日より アメリカ生まれの「スーパーフィート」という足病予防医学の見地から作られた、インソールの取り扱いをはじめます。

 

インソール

 

 

これも、きっとお客さまのお役に立つ優れものと自負しています。

これは今現在お履きになっている靴にも使用可能なんです(お値段は、4,305円から)。

ソックスとフットベッド(インソール)にも、これまで以上に力を注いでいきます。ぜひ、店頭にてご覧になり、いろいろご質問ください。
お役に立てるよう、しっかり勉強しています。

我々をどうぞ活用してください。

 

知らないことで、あなたの足もとを泣かせないでください。

どうか、あなたの足もと、愛してあげてくださいね。。

 

“愛して足もと、歩くこと見直してみませんか” への4件のフィードバック

  1. 何事も足元からですもんね。
    僕の足も泣いてるかも?
    今度お店にお邪魔したら、涙を拭いてやってくれますか?(笑)

  2. 横丁の靴や より:

    てっちゃん!さん、こんばんは。
    早速のご来店、まことにありがとうございます (*^_^*)
    そうなんですよね。
    足もとって、ホント大事なんですね。
    :今度お店にお邪魔したら、涙を拭いてやってくれますか?(笑)
    よろこんで、笑顔になるお手伝いをさせていただきますよ。

  3. 横丁の靴やさんに靴を見立てていただいてから、今までの靴を履いてみたら・・・かかとのところが浅くて歩く時に不安定だと気づきました。
    夏前には、サンダルを見に行かせていただきますね。
    楽しみだわ~。お小遣いためなきゃ^m^

  4. 横丁の靴や より:

    やまださま、こんばんは。
    うれしいコメントをいただき、ありがとうございます。
    お役に立てているようで、大変うれしいです。
    :夏前には、サンダルを見に行かせていただきますね。
    ありがとうございます。
    腕によりを掛けて、履きよくって、やまださんが可愛くなるサンダルを見つけますね。
    お待ちしていま~す。

コメントを残す