快足楽歩カンパニー おさだ のミッション(使命・役割)とは|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

快足楽歩カンパニー おさだ のミッション(使命・役割)とは2010-05-14

快足楽歩カンパニー おさだ のミッション(使命・役割)とは

 

それは、「本当の履き心地」ってなんだろうかということを丁寧にお伝えしながら、お客さまの愉しく活力のある日々の生活を 足元からサポートすること

 

そのためには、人間の身体に関する医学的知識から、商品情報、また、それらを活用するための有形無形の情報・知識を先駆けて吸収し、お客様に分かり易くていねいにお伝えできるよう、精一杯の精進を続けます。

 

今の世の中を見ていますと、「履き心地」というものに、無頓着なお客様が本当に多いと思います。

靴であれば何でもよい方は別としても、もう少しの知識があれば、そして、考え方をほんの少しチェンジするだけで、「こんなにも快適に歩けるのか!?」 と云うようになる多くの方々がいます。

 

あなたの知らない 履き心地をお伝えするインタープリター(案内人)をめざしています

 

足と靴、そして、そこからひろがる全身への良い影響とその効果をお伝えし、お客さまが愉しく、生き生きと暮らせるように変わるお手伝いが出来れば、お役に立つことが出来れば、とてもうれしいのです。

 

“快足楽歩カンパニー おさだ のミッション(使命・役割)とは” への2件のフィードバック

  1. さちゃん より:

    痛いのはあたりまえだと思っていました。
    新しい靴は 自分の足にあう?まで
    痛いのは、自分の足の形が いけないからだと・
    そのうちに 靴の皮が伸びて自分の足にあってくるものだと・・・
    先日、ふと 「長田さん、しばらく履いていると痛くなってくるけど そのうちに・・・」
    すると、「すぐその靴を持って来て!治してあげるから」そう言われて 治してもらいました
    おかげで 一日履いていても痛くなりません
    ありがとうございました

  2. 横丁の靴や より:

    さちゃんさん、こんにちは。横丁の靴やのオヤジです。
    うれしいコメントいただき、ありがとうございました。
    ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。
    痛くなったら直すのは当たり前のことで、そうならないように吟味してチェックして調整して、お渡しするのが手前どもの仕事です。
    十二分にそれが果たせなくって、とてもすまない気持ちでいっぱいです。
    これに懲りず、またご用命いただければ幸いです。
    これからもよろしくお願いいたします。
    ありがとうございました。

コメントを残す