足と靴の話 その1|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

足と靴の話 その12006-08-11

当おさだウイズ店では、靴を選ぶ前に必ずすることがある。

先ず、お客様のお話(悩みやこれまで靴で苦労してきたことなど)をお訊きし、それを書き留め自分の頭にも入れる。

そして、靴を脱いでいただき、場合によっては靴下・ストキングもお取りいただいて足を観る。これは、靴選びをするときにとっても重要である。

現在の足の状態がわからなければ、その方にあった靴は勧められないから。

この時に横丁の靴やは、靴を脱ぐところをじーっと見ている。

ヒモの靴ならきちんと紐を解いて脱ぐのか、手を使って脱ぐのか?

それだけで、そのお客様が何故悩まれているのかも判ってしまうことが多い。

 

ヒモの靴なのに紐も解かずに「すこっ」と脱いでしまわれたり、手も使わずに「スポン」と脱げてしまったり。

要するに、ゆるすぎる靴を履いておられる のですね。

これが、問題なんです!

ゆるすぎる靴の場合、

・靴の中で足が勝手に動いてしまい、足趾は知らず知らずのうちに脱げないように踏ん張っていて、そのためにつま先の各趾が曲がってしまう。そして、疲れの原因にもなる。

・靴の中で足が滑ってしまうために、アーチを支える力が落ち開張足の原因に。
・そうなると、アーチ(横アーチ)が落ちているので中足骨の骨頭が歩くたびに擦れてしまい、そこに大きなタコができてくる

ざっと考えただけでも、以上のような問題が生じてくる。

だから、ゆるい靴は良くないのだ。

 

しかし、多くの方は「ゆるい靴」が好きである。

何故か?

すっと履けれて、すっと脱げるから。。

要するに、面倒くさいのがイヤなんですね。

でも、脱ぎ履きしやすい靴 = 足をホールドする力の弱い靴 なのですね。

それでも、あなたは「ゆるい靴」をご希望ですか。。

おさだウイズ店の靴選びは、お客様にその事を伝えることから始まります。