すてきなブーツがあとわずか!になりました|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

すてきなブーツがあとわずか!になりました2013-09-20

Vabeeneのブーツ1

この頃、あまり商品の写真を載せていません。 それは、お客さまのおみ足によって適・不適があるから、”その商品”をお気に入って見に来られても履けなければ、かえって落胆されたり、目の毒になるかもしれないと思っているからです。 でも、どんな商品があるのか当然お知りになりたい、そんなお気持ちも充分にわかります。   で、時々気の向いたときに(ちょっとひどい話かも)、写真を掲載させていただいています

詳しく見る

お客さまの笑顔に癒やされます2013-09-06

先週半ばに、「シュナイダーフェア」のお手紙をお送りし、こちらでもそのことを載せさせていただきました。 そのお手紙が到着した木曜日から、早いお客さまはお越しになり、いろんなシュナイダーを見て履いて愉しんでいただいています。   「いつもだと、私に合うシュナイダーはこれとこれかなぐらいなのに、今回は4足も5足もあって迷っちゃう(^^;)」などとうれしい悲鳴をあげられるお客さまの多さに、思わず

詳しく見る

たのしい空気感2013-06-03

バ・ベーネ視察報告会

昨日の「Vabeene社工場見学報告会」 ご好評のうちに終え、ご参加の方々によろこんでいただきました。     開店前の10時頃よりお越しいただいたお客さま方とともに、先日お邪魔した”Vabeene社工場”の視察報告をしました。 軽食やコーヒー、紅茶を召し上がっていただきながら、撮影してきたレアものの写真やビデオとともに、横丁の靴やの解説。 皆さま方、その「手業」のすばらしさを

詳しく見る

エムジャンボ・トリオ2013-05-24

エムジャンボ1

この下でご紹介させていただいた「MBT」の”エムジャンボ”。 今日早速お輿入れ~しました(*^_^*)それも三足。     実は、我々スタッフ一同、超気に入って同時にお買い上げ~なんです。。。 左が青木、真ん中が横丁の靴や、右がやまだのお気に入りなんです。 同時に履くことはないかもしれませんが、もし見かけたら、囃してやってくださいね~ (^^) と云う書き込みをアップしようとし

詳しく見る

Vabeene工場見学その52013-05-23

バベーネ工場視察9

Vabeene社工場見学の記事、5回まで来ましたか? もう少しお付き合いくださいね。 Vabeene社での工場内部で行われていること、少しでもお客さま方にお伝えできればと書いています。 先回、裁断された革素材(パーツ)がベテランの職人さんたちの手(手業)により、ほれぼれする靴になっていく前半を載せましたが、これからその後半部分です。 縫製された各パーツを組み立てていきます。 Vabeene社では、

詳しく見る

お待たせしちゃってごめんなさい2013-05-19

海外の工場視察研修のため、定休日も含め9日間ほどお店を休ませていただきました。 その間、お客さま方には大変ご迷惑をおかけしました。 この場を借りまして、お詫びと御礼を申し上げます。   16日(木)の営業再会以来、おかげさまでとても多くのお客さまにお越しいただき、うれしい悲鳴を上げています。 いつもの親しいお客さまとともに、新しいお客さまも多いのですが、数年ぶりというお客さまも散見され、

詳しく見る

今日から4月ですね2013-04-01

バベーネのサンダル

いよいよ今日から4月ですね。 ホント「怒濤」と言ってもいいくらいの3月が終わりました。 無事乗り切れたことに、すべての方々への感謝でいっぱいです。   3月最終週も多くのお客さま方にお越しいただき、ゆったりした空間の中で、にこやかに素晴らしい日々を快適に過ごす「靴たち」と巡り会っていただきました。 お帰りになるときのすてきな笑顔と、「ありがとう!」の言葉にこの先の大きなエネルギーをいただ

詳しく見る

総合感動業というお店2013-03-02

シルクさんPOP

ちょっと、このところ「臨時休業」や「勝手なお願い」など、あまり前向きではない(^_^;)記事が続いてしまったので、今日は気分を変えていきましょう(^^)/   2月の終わりに、一泊で東京へ行ってきました。 東京と云っても、23区内ではなくて「あきる野市」というところです。 とても東京都内とは思えない、おだやかな風情のある街。 そこにお伺いさせていただいたサロンがあります。 世間的に言うと

詳しく見る

変化していく2013-02-15

「変化」することって、やはり怖いところがあります。 今回、部分的ではありますが、20年ぶりに店内を改装させていただきました。   単にきれいにするとか、と云うことではなく、お客さまをどのようにおもてなししたらいいのかを、ずーっと考えていたことの回答のようなものです。 大型の什器を2台取り去り、そこへかなりゆったりした『空間』を創り出すこと。 それが、今回の改装の一番の眼目でした。 でも、

詳しく見る

2013-02-13

この頃、特に感じることがあります。 先に書いた「自分の中での名曲」での 美空ひばりさんの「川の流れのように」 ちあきなみさんの「喝采」 森山良子さん&森山直太朗さんの「さくら」 拓郎さんの「イメージの唄」や「落陽」 中島みゆきさんの「永遠の嘘をついてくれ」 などなど、数え上げればきりがありませんが、こうした名曲って、どうして人の(少なくとも私の)心を打つのだろう???   詩がいいのか曲

詳しく見る

10 / 13« 先頭...1011...最後 »