まごころ込めて、塗っています|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

まごころ込めて、塗っています2017-11-23

ワックスを塗っています

先日開催しました「Vabeene感謝フェア」でお求めいただいた「K-941」に、イタリアY社製革のメンテナンスワックスを塗り込んでいます。     多くのお客さまからの厚い信頼と、「私、この靴でなくっちゃダメなんです」と云うお声にお応えして、Vabeene がなくなると知ったその時に、この「K-941」だけはすぐに最後の発注をしていました。   いろんなシーンで履けて

詳しく見る

かかとは靴の命なんです2017-08-06

かかとの修理

修理品として持ち込まれるもののなかに、「かかと腰裏の補修」があります。   靴べらを使わないで脱ぎ履きをしたり、ヒモを締めたまま脱いだりを繰り返したりしていると、かかと部の腰裏が破損していきます。   よく持ち込まれる、かかと腰裏部分の修理   写真のようにトップラインの部分がほつれたり、めくれたりしてきます。 これはまだ良い方で、ひどいと大きな穴が開いたり、潰れてし

詳しく見る

人生って、決断の連続なんですよね~2017-07-10

お客さまの足を護りたい

この頃、思うことがあります。 言い方は悪いかもしれませんが、「変われない人」って云うか、決断が出来ない方、多いですね。   一昨日も真逆の対照的なお客さまがお見えになりました。 お一人は、初めてのお客さまです。 長さ(足長)的にもなかなか無いサイズで、しかも甲がメッチャ薄い。 市販されている商品の中には、なかなか「靴」が無いであろう足。 計測してお訊きしてみると、ご自宅にある靴は、ほぼ壊

詳しく見る

上手なお金の使い方2017-06-12

メンテナンスしましょう

先日持ち込まれました、修理の品。         足首ベルトのベルクロ(マジック)部分がしっかり留まらなくなり、それの交換をと云うことでお越しいただいたのですが、インソール(フットベッド)も反ってしまい脂でつるつる。 アウトソールも減っているので、それも修理してフットベッドも交換されると、メッチャ快適になりますよ、と申しあげたのですが、、、、、  

詳しく見る

これは、マズイでしょう(T_T)2017-06-01

ヤバイ靴

靴やの常識が一般の方と大きく違うって感じることが多々あります。   写真の整理をしていたら、こんなショットを見つけました。信州へ旅行したときのものです。   ちょっとヤバイ靴   つま先に全くゆとり(余裕寸)のない状態です。   これでは足趾や爪の変形につながりかねません。   おさだウイズ店でも、数日前にお越しいただいたお客さまが、同じような感じ

詳しく見る

どうしたもんじゃろ〜、先ずはご相談を。2016-12-24

快足楽歩カンパニーおさだウイズ店の店内

おさだウイズ店では、店内にはあまり商品を出していません。   店内には、あまり靴は並んでいませんが、、、   それは、お客さまが目で気に入られても即お客さまのおみ足に合う靴でない場合も多いからです。   ですから、おさだウイズ店ではご用途やライフスタイル、お好みをお伺いしながら、マスターシューフィッターとバチェラーシューフィッターが念入りにおみ足を計測させていただいた

詳しく見る

どうして変われないんだろうか?2016-08-23

ご縁

一昨日、この先30年ほどの近未来に「大変革」の時代が来そうと書きました。 時代が、社会全体が大きく変化するなか、対応出来ないとどうなってしまうんだろうって危機感もあります。正直。   話は変わって、先日お越しになったお客さま。 入ってくるなり、店内を見渡して「靴がないんですね」と。 店頭に靴が置いていない理由(いくら並べてあっても、その人に合わなければ絵に描いた餅。それなら、お客さまのご

詳しく見る

ただ行って見るだけじゃ、つまんないと思うのですが。2016-08-11

モネの池、睡蓮と鯉

昨日、巷で話題になっている「モネの池(名もなき池)」に行ってきました。   実は一昨日の火曜日、いつもお世話になっている中小企業診断士のK先生との月例勉強会でした。 今回は、決算書をじっくり見ていただき、すっと湧いてきた事柄(直感)をお話いただきました。 考えていたとおりのこともありましたが、「ああそうなんだ。気付いていなかった」という事柄もいくつも見つかり、得るものがとても多い時間でし

詳しく見る

合わない靴で重篤な状態になることもあります2016-07-06

「足病の教科書」

糖尿病患者さんは、靴選びにも十分注意してください   決して脅すわけではありませんが、いい加減に考えているとこんなことになってしまうかもしれません。   今日取り上げたのは、真ん中の「足病の教科書」からです   今月に入って橫丁の靴やが読んでいる本。 この中の「『足病』の教科書」と云う本に載っていた写真です。   あっという間に進行した、足の壊死。本当に怖い

詳しく見る

砂漠に水をまくようなものなのかな、って思うときがあります2016-07-02

しっくり、ピッタリ合っている靴

世間では、靴選びを間違って理解されている方が多いようです   先日、やまだ、青木といろいろなことを話していたのですが、その中でキーになった話。 快足楽歩カンパニーおさだウイズ店では、「靴難民」の方の救済 なんて大げさなことを口にしているのですが、でも、世間一般の方々は ”ご自分が靴難民なんて思っていない” ということに気付かされたのです。 どこか足のトラブルがあったり痛かったりすれば、何

詳しく見る

1 / 512...最後 »