どうすれば、お客さまによろこんでいただけるだろう|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

どうすれば、お客さまによろこんでいただけるだろう2010-07-24

連日猛暑が続いていますが、いかがお過ごしですか? 横丁の靴やは、ほんのちょっとへばり気味(これって方言?)です。 暑さのせいも多少あるかも知れませんが、昨日からはじめた、新しい試みで頭と身体をフル稼働したもので、”知恵熱”が出ているようなものです^^; 非常に、もっさい(これも方言?『おんぼろな』とでも言う意味です)自分の身体ですね。 何をしているのかと言いますと、この炎天下に、ある商品の”ブーツ

詳しく見る

自分の仕事って何だろうかと考えてみました。2010-07-20

横丁の靴や、と云うくらいで、お仕事の本質というか中核は お客さまの生活やお仕事でお役に立つフットウェア(靴)をお売りすること です。 ですから、 お客さまのお話をお訊きすること お客さまの歩行状態をチェックすること お客さまのおみ足を計測すること そして、その方のご要望に添った「靴を選び出すこと」 お求めいただいた靴と足の適合性を見ながら、微調整すること その後の「履き方」へのフォローとメンテナン

詳しく見る

いつも不思議に思うこと2010-07-18

人の足って、ホント難しいものです。 左右の計測数値が同じって人は、先ずいないですね。 どちらかの足が大きかったり、甲が高かったり、また、その反対だったり。 その上、その人その人によって、いろいろな個体差があります。 そして、生きている人の足ですから当然、日によっても変化したりします。 言ってみれば、とても面倒なものが”人の足” なんですね。 ですから、シューフィッターとして、いくら経験積んでいよう

詳しく見る

ご自分だけで靴選びをするよりも ・・・2010-07-17

昨日のことです。 はじめてご来店いただいたお客さまからいただいた、うれしい出来事。 いつものように、おみ足を見せていただきながら、お仕事のことや生活のことなどをお訊きしていると、いろんなイメージが出てきます。 その上で、おみ足を計測、触診させていただくと、 外反母趾なんだけれど、足囲などは細い、のですね。 そのお客さまは、他の方々と同じように、 「外反母趾」だからゆったりしたものを履かないとダメみ

詳しく見る

世の中、結構知らないことがありますよ2010-07-13

今日は月に一回の、「CPAP」外来受診日でした。 CPAP、ここでも以前に書いていますが、横丁の靴や、SAS(睡眠時無呼吸症候群)なんです。 そんなに重症ではありませんが、しっかり良質の睡眠を取りたいため、PSG(終夜ポリソムノグラフィー)などを経て、CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療)という、在宅医療機器を利用しています。 でも、このCPAPという療法のことや、もっと言えばSASのことをご存じない方

詳しく見る

おさだウイズ店の考えていること その22010-07-10

おさだウイズ店の、ポリシーというか、基本的な考えのもう一つの柱です。 それは、当たり前のことではあるのですが 「商い」はお買い求めいただいた後が大事 だということです。 お買い求めいただいた商品、 おさだウイズ店で言えば”フットウェア(靴)”ですが 靴という商品は、お履きいただいて快適に”歩くことが出来る” こと、こそが商品価値です。   ですから、お求めいただいて、どこか気になるような

詳しく見る

何となくイヤに感じること2010-07-07

この頃、ツイッターでつぶやきもしているのですが、いくつか気になることがあります。 それは、「手っ取り早く、もうける」とか「稼ぐ」とかいうフレーズや考え方が多いこと。 そして、起業家、そしてそれを教えるというコーチやコンサルタントという人たちの数の多いこと。 横丁の靴やごときが文句言うことではないのですが、世の中の風潮というか流れが、何かイヤな方へ向かっている気がするんです。   額に汗し

詳しく見る

おさだウイズ店の考えていることです2010-07-02

おさだウイズ店の、ポリシーというか、基本的な考えの一つです。 まず、大切に思っているのは 「お客様の好まれるものを売るのではなく、お客様のためになるものを売る」 と、いうことを心がけることです。 「靴」、フットウェアという商品は、とても奥の深い難しい商品です。   お客さまの”欲しいもの”をご提供することが、商人の基本なのかも知れませんが、もう少し、お客さまに寄り添って考えると、 そのお

詳しく見る

何を縁(よすが)とするのか?2010-06-25

一昨日、「ザ・ウォーカー」という映画を観てきました。 原題は「イーライの本」と云います。 近未来の話(年代は不明)、大きな戦争の後、廃墟と化した世界で、一冊だけ残った「本」を西へ西へと運ぶ一人の男。これが、イーライなんですが。 その本を探していた、独裁者をめざす男との闘い。 これだけのキーワードで何の本かわかりますよね。 そうです、「聖書」。バイブルです。 西欧的な思想というか、「神」の啓示という

詳しく見る

睡眠時無呼吸症候群とCPAP2010-06-09

CPAP

今朝は、4時半頃に目覚めました。 いつもは起きるの、もっと遅いのですが、今日は外が白んでくるのに合わせて、自然に目が開きました。 昨夜は、連休ということもあって早めに寝たのですが、もう一つ早起きできたのには、訳がありました。 それは、CPAP なんです。       CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)というのは、経鼻的持

詳しく見る

20 / 27« 先頭...10...2021...最後 »