靴と枕は一緒のようなところがある|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

靴と枕は一緒のようなところがある2007-02-15

先日、ある専門店で枕を買い求めました。 これまでも、「快眠のための道具」として、枕や寝具には割とこだわってきました。 枕も形状や中の詰め物など、いろいろと試してきていました。 どのタイプの枕もそれなりに良かったと思うのですが、 「う~ん、これはイイ!」というものにはなかなか巡り会えませんでした。 今回購入したのは、デンマーク製(発売はスウェーデン)の商品です。   説明して下さった方によ

詳しく見る

おおっ、混雑。2007-01-02

福袋

今年は、遠くへ出かけないでいる。 家に一人受験生がいるから。。 子供をほっぽといて、旅行もまずい・・・ というわけで、自宅とカミさんの在所を往復するくらいなのだが、それだけではつまらない。   昨日は、地元の氏神さまへのお参りと、その後隣町の巨大ショッピングモールへ。     こんなことを言ってはいけないが、この氏神さま、由緒ある神社なのだが、通常はそんなに混まない。

詳しく見る

もしもに備えて・・・2006-10-27

靴

昨日、自宅の火災保険&地震保険の更新でした。 地震保険の料率が、来年からまた上がるとか。。 (愛知県を含め太平洋側7県で大幅アップ。福井や兵庫のように50%近く下がるところもあり、全体的には7.7%の下げとのこと) うーん、頭が痛いですね。 やはり入っておかないと、何かの時にはとても困ったことになるし。。 保険屋さんに聞いてみると、新規加入率はかなり上昇しているそうです。 それでも、料率アップとい

詳しく見る

お伝えするって難しい2006-10-14

横丁の靴やは、「語り部」としてはあまり上手ではないようです。 少し理屈が多く、柔らかさとかウィットに富んだ語り口でないのが原因のようです。 簡単に言うと、楽しくない^^; らしい。。。 お客様には悦んで楽しんでいただかなければならないこと、重々承知なのに。   「履き心地」 なんて云う数字などでは表しにくいものが商品なだけに、どうしても言葉が多くなってしまいます。 お履きいただければ、判

詳しく見る

うれしい言葉2006-09-04

昨日・今日とお昼ご飯食べそこないました。 日曜日は朝からお客様が途切れず、ヤマダと「お腹空いたね~^^;」と話したのが、夕方の5時過ぎでした。ちょっと早めの夕飯になってしまいました。 今日も平日なのに、ありがたいことにお客様が続いてこられます。 このところ、新しいお客様も多く、身体はきついですが楽しいお仕事を続けさせていただいています。   そんな折、日曜日の朝一にお越しいただいたお客様

詳しく見る

足と靴の話 その22006-08-26

当 おさだウイズ店 の店頭でよくある会話です。   お客様: 私、よく2E(甲周り寸法の表示:注参照)の靴を買って履いているの。 最初はよいのだけれど、少し履いているとつま先が痛くなるのよね。 それで、3Eの靴を勧められて買ってみたの。 とっても楽なんだけれどすぐに脱げてしまい、それでいて、つま先は以前と同じように痛くなるのねえ。   私: ちらっと見ただけですが、お客様には2

詳しく見る

足と靴の話 その1-42006-08-15

フットプリント

またまた足と靴の話、その1-3の続きです。 ご質問をいただきました。 ——————————————- 私は扁平足なんです。 少しはアーチがあるのですが・ ・ ・ 長時間の歩行・立位はつらいものがあります。 何か良い解決策はないでしょ

詳しく見る

足と靴の話 その1-32006-08-13

足の図

足と靴の話その1-2の続きです。 ご質問をいただきました。 どうもその内容からすると、「開張足」のご様子。 丁度アーチが落ちて骨頭が触るあたりが固くなったり胼胝(べんち:たこや魚の目)が出来、外科的加療をなされた経緯があるそうです。 これは、原因となるアーチの落ち込みを防いであげないと何度でもなります。 対策としては、落ち込みを防ぐ「メタターザルパッド」を靴の中敷きなどに取り付けることが有効です。

詳しく見る

足と靴の話 その1-22006-08-12

足の説明3

昨日に続いて、足と靴の話その2を書こうと思っていましたが、その前に。 昨日の話に、「てっちゃん!」さんからご質問をいただきました。 ——————————————————- 質問です!

詳しく見る

足と靴の話 その12006-08-11

当おさだウイズ店では、靴を選ぶ前に必ずすることがある。 先ず、お客様のお話(悩みやこれまで靴で苦労してきたことなど)をお訊きし、それを書き留め自分の頭にも入れる。 そして、靴を脱いでいただき、場合によっては靴下・ストキングもお取りいただいて足を観る。これは、靴選びをするときにとっても重要である。 現在の足の状態がわからなければ、その方にあった靴は勧められないから。 この時に横丁の靴やは、靴を脱ぐと

詳しく見る

18 / 19« 先頭...10...1819