遊ぶことは大事だって思うのです|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

遊ぶことは大事だって思うのです2016-06-10

定休日二日目の水曜日、横丁の靴やは先週に引き続き美術展に行ってきました。

 

刈谷市のお隣に(厳密には一つ知立市をはさみますが)豊田市があります。

そう、世界的大企業「TOYOTA」の本拠地です。

工業都市ですが、面積的にもかなり大きな市であり、自然も豊かで「大いなる田舎」(失礼)と呼ばれている面もある魅力的な街です。

その市の中心部に「豊田市美術館」があります。

その豊田市美術館で、姉妹都市であるアメリカ・デトロイトのデトロイト美術館展を催しています。その展覧会に行ってきました。

 

デトロイト美術館展01

日本では、ここ豊田、そして大阪、東京の三カ所で開催されるそうです

 

モネ、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、マティス、ピカソなどのそうそうたる作品が並んでいます。

写真撮影もOK!なので、いいなぁって感じたものは他の鑑賞されている方の邪魔にならないように気をつけながら、カメラに収められたのもうれしいことでした。

 

マティス

モディリアーニのこの絵(目が印象的ですよね)と

 

ゴッホ自画像ゴッホの自画像が特に感じるものがあり、何度も観ていました

 

豊田って云うと工業都市のイメージが強いのですが、このような文化や自然のための力の入れ方もなかなかのものですね。

 

数年前、アメリカ自動車産業の中心地デトロイトが財政破綻して、美術館の作品売却の話が持ち上がったときに、市民の人たちが猛烈な反対運動を展開し、市が売却方針を撤回したことが書かれていました。市民にはそれだけ税などの負担も増えるわけですが。。。

そう云うネガティブなことって、あまり美術展のイントロには似合わないのですが、そう云うオープンマインドで共感する伝え方に、より一層作品への思い入れ、興味が募ってじっくり鑑賞してきました。

写真撮影OKでもフラッシュが光るところは一切なかったし、皆さんゆったりと作品を堪能しておられ、いい雰囲気でした。

 

 

デトロイト美術館展02ゆったりといい雰囲気で鑑賞できました。うれしい時間です(*^_^*)

 

 

世界の絵画をこうしてゆったりとした心持ちで鑑賞でき、豊かな心持ちになれる時間ってうれしいですし、大事ですよね。

自分が心豊かになれなければ、日々商っている商品についても、その商品のもつ良さを充分にお伝えし切れないって感じている横丁の靴やとしては、こんな時間はとても大切なんですね。

 

絵やミュージカル、映画を観たり、関心のあるところへ出かけて愉しんでくる時間って、大事だなぁって思います。

って、云いながら遊びに出かけることの多い快足楽歩カンパニー おさだウイズ店の三人です。

 

※画集も買ってきましたのでご興味のございます方は、どうぞご覧くださいね。

 

コメントを残す