おさだウイズ店の大黒柱|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

おさだウイズ店の大黒柱2016-11-21

今日は、25年にわたって快足楽歩カンパニーおさだウイズ店を支えてきてくれている「金ポコ」ことやまだをご紹介します。

 

yamada01

 

当店のお客さまには、もうすっかり信頼されていて、いろんなことを相談される存在ですが、まだおさだウイズ店をご存じでない方のために書いてみました。

 

おさだウイズ店がオープンして以来、感性的なこと、つまりデザインやカラー、コーディネートなど彼女に負うところがメッチャ大きかったのです。

 

金ポコの名前の通り(「金ポコ」の意味は遠山の金さん、つまり遊び人って意味ですが)、ご主人やご家族と年に数回以上アチコチ(海外)へ出向いて人生をエンジョイしていたりします。

そういう経験や積み重ねが、当店のメイン商品であるヨーロッパの婦人靴のセレクトに活かされています。

独自オーダーの靴など、とてもご好評なのですが、ほぼ彼女のカラー指定なのです。

 

yamada02

 

そんな彼女も、おさだウイズ店とともに年齢を重ねてきました。

でも、その年齢を重ねることによって、ますます磨きが掛かってくるところも多いのが人間の素晴らしさだと思っています。

 

advancedstyle

ニューヨークの街角をさっそうと闊歩する、あの「アドバンスト・スタイル」のご婦人たちのように、もっともっと輝いてくれると思います。

 

 

実は、やまだ。今年いっぱいで、お暇をいただくことになっています。

 

「えっ」っとびっくりされたお客さま方も多いでしょうが、ご心配なく。

詳しくは書けませんが、先ずは辞めてしばらくゆっくりしたい!とのことで、その後は未定です(*^_^*)

また、青木も育ってきてくれていますし、来春には素晴らしい新しい仲間が加わってくれます。

このことは、また後日ゆっくり書きますね。

 

今、橫丁の靴やはこれからの新しい「場」(靴屋さんという会社でもあり、お客さまと集う広場でもあり、働く仲間が愉しみながら生活の糧も得られる、そんな「場」と云うか「仕組み」)を作りたいと、いろんな方々のお知恵も借りながら妄想をたくましくしています。

 

お客さまと手前どもと、そしていろんな本物の商品を提供してくださる方々とが共感しあえるような、そんな新しい仕組みをつくっていきたいと思っています。

もう数年でリタイアしようと思っていたのですが、先に伸びそうです。

やまだも応援してくれるようです。