スタッフ紹介 おさだ|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

マスター・オブ・シューフィッティング 長田 達郎

きっかけ
スタッフ紹介 おさだ

私は父親の始めた靴屋の二代目です。

以前から、靴(フットウェア)は「足」にしっかり合っていなければいけない商品ということを肝に銘じていましたが、1985年に、当時の「日本靴総合研究会」が指導と養成を始めた「シューフィッター」に興味を持ち、受講したのが現在の「快足楽歩カンパニー」の始まりです。

その後、いろんな勉強や経験を積ませていただき、それなりに頑張ってきましたが、やはりどこまで行っても、「足と靴」の間に横たわる問題は大きいと思ってます。本当に死ぬまで勉強なんだと思います。

経歴
1975年 (株)おさだに入社
1986年 当時の「日本靴総合研究会」にて、その頃珍しかった「シューフィッター」に。その後、第一回の上級コースに参加して、1989年バチェラー・シューフィッターになる。
この頃から、足と靴のむずかしさをひしひしと感じるようになります。
1993年 マスターシューフィッターに認定される。二年間の講義や実技などのスクーリングは、難しかったが、たのしくもありました。
最後の卒業試験の口頭試問は、その当時の私の能力としては、メッチャ難しかった記憶があります。その後、お客さまのいろんな足を拝見し、そこからの応用が今に活きています。
2013年 高齢化社会到来にあわせて、シニア専門シューフィッターの資格を取得。スクーリングの中で、実際に高齢者の動きや見え方を体験。考えているのとは違って、身体が動かなかった。
このような体験をすることにより、もっとお客さまに寄り添ったフィッティングやアドバイスを出来るようにしたい!と思ったのです。
おさだのお気に入り
スタッフ紹介 おさだ

今、おさだが一番気になるものは、そうですね
遠くへ行くこと、知らない街を歩いてみること。旅でしょうか??
自分が知らないところへ行って、そこに住まわれている方々にお話しを聴いたり、いろんなものを見たり経験すること、これが一番したいことですね。

それと、写真撮影。
フィルムカメラの「ペンタックス」という、ちょっとマイナーなメーカー機種で遊んでいたりします。今のメイン機種は、富士フイルムさんのXシリーズのミラーレス機です。
重い一眼レフは、きつくなってきました(^^;)

下手の横好きですが、写真でも「何か」を伝えられるようになれれば嬉しいなあと思っています。

ひとこと
スタッフ紹介 おさだ

靴とそれを履く「足」との関係は、とても難しいものがあります。

適合性とか人間工学的な問題、そして医学的な対処もそうですが、ファッションの一部でもある「靴」は足に快適なだけでなく、その人に好まれなければならない、という「感覚的」な要素も強く持っています。

その辺りが、「フィッテング」だけではない、複雑な要素がからんだ「靴選び」の難問なんでしょうね。

でも、当店の靴はご覧いただくと判ると思いますが、結構オシャレ度高いんですよ。かなり高レベルでの融合が図られていると思います。
これは、私だけでなく、スタッフのやまだと青木のおかげです。
二人には、ホント感謝しています。

あっ、それからニックネームは、「横丁の靴や」または「おさピー」です。

おさピーって呼んでいただけるとうれしいです。