うれしい出愛に感謝です|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

うれしい出愛に感謝です2016-11-14

昨日も多くのお客さまにお越しいただき、充実した時間を過ごすことが出来ました。

 

ありがとうございます。感謝!!です。

 

その中で、ちょっと遠く長野県はリンゴの里からお越しいただいたMさま。

なかなかおみ足にピッタリする靴がなく、ご苦労されていたとのこと。

おみ足を触らせていただき、そうだろうなと思い、計測してみれば、やはりね!と云う感じです。

そう、甲が薄く、細いおみ足なんです。

そのため、靴の中でおみ足が滑ってしまい、胼胝(べんち)ができたり、ハンマートゥになっていたと思われます。

Mさまのおみ足に添うべくご用意させていただいた「シュナイダー」の三姉妹。

これからのショートブーツに、日々のお仕事や暮らしのなかでお履きいただけるローヒールのぴったん娘(こ)たち。

 

 

長野からお越しのMさま

笑顔になっていただいたMさまと
細いおみ足の守護神 シュナイダー三姉妹

 

どれを履かれてもお顔が輝いてきます。

「うわぁ~、足に吸い付いてくる。軽いんですねぇ~」とお悦びいただける。

こんな瞬間、シューフィッターとしてはとってもうれしいのです。

 

3足すべてお買上いただきました。

結構なお値段になってしまうのですが、ちょうどその日はMさまのお誕生日で、「新しい未来への投資」として迷うことなくお求めいただいたのです。

 

Mさまにとっても、手前どもにとっても、とてもうれしい「出愛」でした。

来年は「サンダルを見に来ますね」とすてきな笑顔でお帰りになるMさまに手を振りながら、自分たちのすべきことに想いをはせたのです。

いろんなおみ足のための靴のセレクト。

足の形状やご用途、どのように履かれるのかを考えながらのマトリックスづくりから始まって、実際の商品仕入に活かすためにも、日々のお仕事の情報のフィードバックが大事になってきます。

そして、悦んでいただけるためのフィッティング技術の錬磨と接客の進化。

 

あいだみつおさん

店内にも掲げている相田みつをさんの言葉
とても大切にしています

 

そんないろんなことが走馬燈のように降りてきました。

それらを含めて、いろんな仕組みづくりも併行して進めていかねば!!

これからもやるべきこと多いなぁって、笑みが浮かんできました。

すてきなお仕事に携わっておられる自分たちは、ホント仕合わせですね。

ありがたいことです。