あるデザイナーの世界観。|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

あるデザイナーの世界観。2016-10-02

先週、「ポール・スミス展 HELLO」へ行ってきました。

 

イギリスを代表するデザイナーであるポール・スミスのユニークな世界観とファッションだけにとどまらない多彩なクリエイションの軌跡に迫る展覧会と云うキャッチフレーズでしたが、確かに!って感じでした。

 

mini

ポール・スミス独特の色彩感覚とコラボレーションの面白さ

 

botan

壁一面に貼られたカラフルなボタンのアート。
遠くから見て「うん?」、近づいて「ああっ!」

 

いろいろなコレクションや社内風景などの展示物が興味を引きましたが、一番頭に残ったのは、書かれているフレーズの数々。

 

kotoba

 

わずか3メートル四方の店舗だった一号店を出したときの思い出なども、「へぇ~」って思ってしまうユーモラスさ。

それが、今や世界中に多くのファンを持つ超一流デザイナーになっていく軌跡や店舗の考え方などメッチャ参考になります。

 

彼のフィロソフィーやカンパニーとしての「在り方」など、規模はまったく違うのですが、とても腑に落ちる言葉の数々。宝石のようでもありました。

 

sekaikan

「Every Day is A New」びびっと来ました(*^_^*)

 

10月16日(日)まで行われています。

興味のございます方、出かけてみてください。面白いと思います。

 

コメントを残す