「いつでもある?」って、これからは「ノー」ですね|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

「いつでもある?」って、これからは「ノー」ですね2018-10-28

 

お客さまで、「あらいいわねぇ。ちょっと考えてみます。いつでもあるわよね??」っておっしゃる方がお見えになります。

 

まあ、「考えてみます」って云われる方は出会いのタイミングを逃して後悔される場合が多く、「よろしければ、お早めに」くらいでお答えしてきました。

 

でも、この頃気になって、いろいろ考えてみました。そして、きちんと伝えることは伝えないとマズイなって思うようになりました。

 

 

yoikutuhaohayameni

いろいろたくさん靴はあるように見えますが、、、

 

 

靴に使われる「革(皮をなめしたもの)」は、ヨーロッパではよいものが少なくなっています。

 

狂牛病が発生したときに大量に屠殺(とさつ)された影響も大きいのですが、確実に良質な原皮は減っています。

 

また、とうの昔に終わった「大量生産・大量消費」ではなく、こころの豊かさを求める商品では少量多品種生産(もっと言えば、その方に合ったあつらえ的な生産)になってきています。

 

ですから、靴でも(安い大量生産品は知りませんが)生産ロットはウンと小さくなっています。そして、同じ革がないので追加生産はできないのです。

 

 

これからの時代は、「出会い」がこれまで以上に大事になってくるって感じています。

 

決して押し売りなどはしませんが、本当に「いいなぁ」って思われたら、速攻でお持ち帰りになることをおすすめします。

今日はちょっと気になっていたことを書いてみました。

 

コメントを残す