「履き心地」って、伝えられないんだろうか?|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

「履き心地」って、伝えられないんだろうか?2018-11-02

こんにちは。

横丁の靴やおさぴーです。

 

この頃、メッチャ悩んでいることがあります。

 

もっと多くの方々に、」のよい靴 ってどんなものなのかをお伝えしたいと思っているのですが、なかなかに伝わらないもどかしさを実感していることです。

 

 

身につける「ウェア」って、まとわれる方の感性によって、反応がまったく違ってきます。

 

靴(フットウェア)や眼鏡(アイウェア)って、基本的には同じようなカタチ(本当は全然違うのですが)をしているので、「こんなもの」って思われるお客さまが多いんだろうなあって感じています。

 

でも、本当によいもの、そして、たしかな技術でフィッティングされたものって、使ってみれば一目瞭然で違いがわかるって思うのです。

 

でも、その体験って動かなければ(店頭まで来ないと)感じられないものなんですね。

そこが、「ニワトリ卵」で難しいなぁって感じているのです。

う~ん、多くの方々に本当の「履き心地のよさ」を知っていただきたい靴やです。

 

 

話は変わって、

 

先日浜松からお越しいただいたお客さまから、すてきなお葉書頂戴しました。

 

その中に、メッチャうれしくなる文章が書かれていたので、ご許可をいただいて載せさせていただきます。

 

お客さまからのうれしいお手紙

とってもうれしくなるお便りをいただきました

 

人生を変える靴。なんてうれしいお言葉!

 

そう、この感覚を多くの方に感じていただきたいおさぴーとスタッフです。

 

 

そのスタッフの青木が、この前のブログで次のように書いてくれました。

 

これもいいなあって思うのです。再掲しますので、よろしければお読みになってみてください。

 

ただ靴をお売りする、靴屋ではなく

靴の履き心地の先に、

履かれた方の素敵な未来があったらいいな☆と考えています。

 

靴で人生が変わるなんて…ない?!

そう思いますか??

あるか、ないか、確かめてみて下さい。

 

素敵な靴を履くと

素敵な場所へ連れていってくれるかもしれないです( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

 

by あおき

 

履き心地のよい靴とその先の愉しさが、おさだウイズ店にはありますよ。

 

コメントを残す