ホント、このところ動き速くて大きいって感じます|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

ホント、このところ動き速くて大きいって感じます2018-06-06

今日はほんの少しかたい話です(^_^;)

ご興味ない方は読み飛ばしください。

 

この数年、時代というか世の中が大きく動いている(変動している)って感じを持っていましたが、今年に入ってさらにそれが加速している気がします。

 

横丁の靴やのまわりでもいろんな変化がありますし、自分たち自身我が身もお店も変わり方の激しさを身にもって感じています。一ヶ月前のことが一年以上の前のように感じますし、取り巻いている環境の変化とそれへの対応の速度が以前とまったく違ってきているようです。

そんな大変化の時には、いろんな情報(先はわかりませんが、正しいだろうと思われる本質的なもの)のインプットと学びが欠かせません。

 

そこで得たものを小さく実験しながら、先ずはやってみる、、、こと大事だって思っています。

 

 

おさだウイズ店でも、この先に向けた取り組みを昨年より本格化させてきましたが、やり方や先行きには多少の不安はあります。

 

それだけに、それらを意識して進んでおられる方々からの情報や気付き、ヒントはメッチャ大事ですね。

そんな中の一環として、昨日定休日の店内で勉強会をしました。

 

 

大阪からたくらみ屋の森本さんと勝矢さんにお出でいただき、やまだや青木と一緒に「TOC(制約理論)」の初級講座をしていただきました。

 

森本さんとは、ワクワク系マーケティング実践会の大先輩であり尊敬する米澤さんとのご縁でお近づきになれました。ホント、こう云うご縁こそが大切だなぁって思います。

 

そのTOCセミナー、まさに「目からうろこ」の収穫でした。

 

TOCの考え方

 

ここには書きませんが、天動説と地動説の違いみたいなもの(あまり表現正確ではないですね)でした。

その「考え方」を全員(紗貴さんはご実家に帰省中で不参加でしたが)で共有できたことは、この先に大きく活きてくるって思います。

 

勉強会

 

元々、おさだウイズ店は女性スタッフでもっているお店なので、その中心のやまださんや青木さんがお休みにもかかわらず進んで参加して、その考え方を取り入れてくれたことにとても感謝しています。

 

まだ、おさだウイズ店の「改善」は緒に就いたばかりですが、この先もお客さま方のご信頼に応えられるように常にブラッシュアップしながら、明るい未来を目指して進んでいきたいものです。

 

それらが出来るのも、ご愛顧いただいているお客さま方がおられてこそのことです。

その目線、視点で少しずつですが前に進んでいきたいと思っていますので、応援のほど、よろしく願いいたします。

 

 

「晴れたらサンダル、雨ならCRISPI 」お陰さまで大好評です。

どうぞ、これからの季節を快適にすごしていただけるフットウェアをおすすめしていますので、ぜひぜひお越しくださいね。心よりお待ちしています。

ありがとうございます。

 

 

コメントを残す