こんな日もいいものです|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

こんな日もいいものです2019-05-15

昨日はおさだウイズ店の定休日(火・水の連休ですが)

横丁の靴やおさぴー、昨日は天候もよくなかったため、自宅でのんびり過ごしました。

朝の内に帳面や支払いの準備などをしたあとは、着るものの入替や掃除。

時間があるときは、お仕事も却って早く済んでしまうものですね。

 

そのあと少しの時間ですが、読書タイムを愉しみました。

このところ、お仕事関係で結構難しめの本を読んでいたので、ちょっと違う本を読もうって思ったのです。

 

そして、読んだ本は

 

「さかさ町」と云う絵本です。

 

 

絵本「さかさ町」

お友達の林さんに教えてもらった本です

 

 

すべてのことが逆さまになっている町の話です。

 

文字も逆さま、家も逆さまに建っている町。子供が働き、大人が遊んでいる。

 

不思議な町での滞在を描いたものなんですが、とても考えさせられました。

モノを買うとお金がもらえる、学校では「わすれよ科」がありイヤなことを忘れる術を教える。

 

ちょっと奇想天外な話のようですが、常識と云われるものを疑ってみる(さかさまに考えてみる)ことの面白さや大切さにハッとしました。

 

 

そう云えば、おさだウイズ店も

 

これまでの考え方とは違う「商い」の方向

 

を模索して悩んでいましたが、やっと見えてきたものがあり、そちらに舵を切ろうとしています。

 

お客さまから見た場合、やっていることは同じようなことかもしれませんが、おそらくこれまでとは違う「商いの仕組み」になってくるって愉しみにしているのです。

 

そんなことに取り組んでいるさなかに、この「さかさ町」にめぐり逢ったのも、何かの導きなかも知れないなあって思っています。

 

今日は昨日家にいたもので、外へ出かけてきます。

皆さまもすてきな一日をお過ごしくださいね。

 

コメントを残す