ありがたく、うれしいご縁に感謝です|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

ありがたく、うれしいご縁に感謝です2018-06-14

お友達からのご紹介で、西尾市ご出身の画家、斎藤吾朗先生にお目にかかれました。

 

斎藤先生は、自らが赤絵と呼ぶ鮮やかな赤色を基調とした絵で、三河の風景や身近な題材を描かれて、すばらしい作品を残されています。

 

斎藤先生プロフィール

先生の公式サイトより

 

ルーブル美術館公認で日本人として初めて《モナ・リザ》の公開模写が許された、すごい方です。

それなのに、とっても気さくでやさしく、人としても本当に尊敬できる方です。

 

お名前はお聞きしたことはあったのですが、恥ずかしながら、実際の絵は観たことがなかったのです。

 

昨年、刈谷市美術館で展覧会が催され、当店のやまだや青木は出かけて、とても感銘を受けた話は聴いていたのですが。

それが、刈谷市の副市長をされている川口さんからご紹介をいただき、お目にかかることが出来ました。

先生のアトリエへ伺わせていただき、いろんな絵を拝見させていただきました。

 

実は刈谷市美術館で「New Collection展」が始まり、そこで先生の絵を観て感激し、画集を手に入れたくってご連絡させていただいたところ、アトリエにあるからいらっしゃいと云われ、図々しく出かけたのです。

 

斎藤吾朗画集

美術館に置かれていた、この画集が欲しくって図々しくアトリエに伺わせていただきました

 

ご多用の中、お時間を割いていただき、いろいろなお話をおうかがいして、すばらしい絵の数々を間近に拝見させていただきました。

 

吾朗先生と

ミーハーのおさぴーのリクエストにも気軽に応じていただき、写真も撮らせていただきました

 

 

当おさだウイズ店のお客さまの中には、「当然、昔から知っているわよ」といわれる方々も多いとは思いますが、自分が一番感激したので、ご紹介したくってブログにアップしてしまいました。

 

先生は絵だけではなく、歴史にも造詣が深く、描かれる絵の中にも歴史のストーリーなどもちりばめられていて、とってもユニークで愉しいものになっています。

横丁の靴やおさぴーは、とっても好きな絵です。

特に好きなのは、「屋根の上の七五三」とか「刈谷 佐喜知庵にて」などユーモラスで、どことなく微笑んでしまいます。

 

先の「New Collection展」、7月8日まで刈谷市美術館で開催されています。

 

ぜひ、ご覧になってみてください。

 

No tags for this post.