こんな時間が理想ですね|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

こんな時間が理想ですね2018-03-18

現在、おさだウイズ店では「春のフェア」を開催中です。

 

これまでですと、「春のワクワクまつり」として目いっぱいがんばっていましたが、今回から考え方を変えました。

 

以前はフェアに合わせていろんな商品を期日までに必死に集めて、そこで一気に見ていただこう的な発想でした。

そうするとフェア期間中はごった返したような状態になって、お一人お一人のお客さまにじっくりお相手できない状態になっていたのです。

数字的には大きな売上になるのですが、これではよくないなぁって感じていたのです。

 

それで、昨年からお店のみんなと喧々諤々いろんな話し合いをして、集中ではなく分散する方向へ伝え方からやり方まで変えるようにしてみました。

そうしたところ、多少時間によってはお待ちいただくこともありますが、総じてじっくりお時間を取ってゆっくりと愉しんでもらえるようになりました。

また、商品も時間差でいろんなタイプのものが入ってくるのもいいように感じます。

いつも言っている「ご縁」とか「めぐり逢わせ」みたいなもので、お越しになられたときにその方にとってベストな情報とそれに付随した商品をご案内出来ればいいのかなって。

 

 

昨日お越しいただいたTさまも、「混んでるかなぁって心配して来ましたが、こんなにいろいろ見せてもらってなん足も履いて、いい靴に出会えてうれしいです」っておっしゃっていただきました。

 

あの方の靴01

ゆっくり見ていただき、先ずはこの一足

 

あの方の靴02

雰囲気を変えてこちらの靴も。活躍してくれそうですね。

 

 

ほかの方とテーブルを囲んでゆっくりお茶しながらお話にも花が咲いて、お店の中の空気感がとっても愉しいものになっていました。

 

数字だけを見れば、昔なら非効率的な話なのでしょうが、今は違うって思うのです。

お客さまが愉しく滞在していただける時間がとっても大切だなと、あらためて実感しています。

 

 

”売った買った”ではなくて、友達の家に来てもらってくつろいでいただける、そんな「場」づくりが出来ればいいなぁって考えています。

 

どうぞ、お時間ございましたらくつろぎに来ていただければうれしいなって思います。

観て愉しんでいただく、そしてお話しながら愉しい時間を過ごせていただけたら、それでいいと思うのです。

長い時間軸で観れば、それがお客さまとお友達になっていく過程なのではって感じます。

これからの「商い」、おそらくこれまでとは違った姿になっていくんだろうなって妄想しています。

 

コメントを残す