どちらがいいですか?おさぴーなら、、、|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

どちらがいいですか?おさぴーなら、、、2018-12-06

以前からカミングアウトしていましたが、やっと横丁の靴やおさぴー転居しました。

 

終活を考え、戸建てから中古のマンションに引っ越したのです。

断捨離で相当苦労しましたが、いい経験をしてすっきりしました。もし、ご興味があればその辺り読んでみてください。断捨離考えておられる方にはご参考になるかもです。

 

 

今日のブログは、昨日あった家電製品の設置取付から気付いたことです。

 

実は転居が決まってから、最小限の家具と電化製品は新しく購入することにしました。

家具はデスクと書棚とダイニングチェア。生活に馴染んで飽きのこないものを探しました。

 

また、家電も省エネとすっきりシンプルな機能性のものを選びました。

その結果、家電製品はY社さんとE社さんとに購入先が分かれました。

 

すべてE社さんで整えればよかったのですが、冷蔵庫で気に入ったものがE社さんになかったのです(秋に新製品が出るときに今年の春の「型落ち」で探したものですから、最新型に力を入れているE社さんには在庫がなく、価格で押すY社さんにはあったのです(^_^;))

家電製品は、きちんとしたメーカーが製造しているものだけに、どちらで選んでも変わりは無いって思ったのですが、、、、、

 

 

でも、両社の考え方の違いがよく分かってしまいました。

 

昨日、納品の時Y社さんは時間指定が出来ず、E社さんのエアコン取付と同じ時間帯に両者が鉢合わせすることになってしまいました。

 

時間通りにエアコン取付に来られたE社の比嘉さんと手島さんは、見ていてもとてもていねいで、やる工程を常に確認してチェックも怠りなくしていきます。

 

 

エアコン取付工事

 

 

見ていてとても安心できました。

交わす言葉も非常にマイルドで気持ちよい感じです。

 

 

E社さんの後、一時間半ほど経って来られたのがY社さんの”配送業者”さんです。

来られて挨拶もそこそこに、「どこに置きますか?」のひと言。

 

まあ、段取りがよいって言えばそうなのですが、冷蔵庫と洗濯機、テレビを希望の位置に据え付けたら、簡単な動作確認だけして、「後は説明書読んで使ってください」って帰って行かれました。

その時に「持ってきたものに傷はないか、数量は合っているかどうか」だけを念入りに(しつこく)聞かれ、「OKならこの用紙にチェックを入れてサインください」と。

詳しい説明も受けていないし、傷の確認だってしっかり見るには時間もかかると思うのですが、かなり急いでいたようです。

まあ、新品だし冷蔵庫や洗濯機、テレビですから使い方はまあ分かるからいいかと、この無愛想な顔を見ているよりいいかとサインしたら、そそくさと帰っていきました。

 

あとで見たら、冷蔵庫の中の棚が輸送中に落ちないようにしてあるテープがそのままになっていたり、テレビも同様で外して持っていかなければいけないものがそのままになっていました。

Y社さんは店頭でも「どこよりも安く価格徹底抗戦云々」なる文言が踊っていて、最初行ったときにもおさぴーは違和感を覚えたものです。店内の社員さんは普通で、それで購入してしまったのですが、、、

 

おそらく、値段にフォーカスしていて他社さんより安くするために配送の下請け業者さんにもかなり押さえた料金でやらせているのではないかって考えてしまいました。

 

そのため、数をこなすことが命題になる業者さんはとにかくスピーディーにパパッとやって次行こう!って感じになるのではと思いました。

これはおさぴーの感じたことで、Y社さんはそんなことはない、単にその業者さんがその時たまたま愛想が悪かっただけって言われるかも知れませんが。。。。。。

 

 

来られて設置して帰って行くまで20分かかっていません。

 

対して、エアコン取付のE社さんの方は一工程ずつしっかりチェックを重ねて、仕上がりも念入りに見ていきます。細かなところで必要なところは逐一訊ねてからやっていかれます。

遅いとかのんびりではなく、「確実&ていねい」って言葉がしっくりきます。

持ってこられた名刺にも「電気工事士」と入っていて、信頼できる作業です。

 

 

ざっくり言ってしまえば、Y社さんは運送業者、E社さんは町の電気屋さんの感じ。

 

分かりますかね。このニュアンスの違い。

 

この工事の間に来られた宅配業者さんの方が、はるかに愛想がよかった。

まあ、きちんと「モノ」を持ってきて指定された場所に置いて、説明書と保証書を渡せば「仕事(ワーク)」としては、問題ないのでしょうが。

早い安い、ってところで美味しいかどうかはユーザーの判断ね、ってところでしょうか。

 

 

E社さんの方はおよそ2時間半ほどかけて2台のエアコンを取付、試運転をしてリモコンの使い方や時々のメンテナンスについても詳しく説明をしてくれました。

そして、しっかり挨拶をされて帰って行かれました。

細かな追加パーツが発生したので、それのお支払いの時にささやかですがチップをお渡ししました。

 

 

なんかねぇ。

今書いていても、その光景が目に浮かびます。

 

この頃の風潮ですと「ていねい」とか「愛想」「物腰のよさ」って重要視されていないように思えますが、人によってはこれってメッチャ感じる部分なんだと思います。

 

 

とても学びになりました。

結構、おさぴーに欠けているところでもあるので、ハッとしました(^_^;)

超反省!です。愛想悪いなぁって感じたお客さまがおられましたらお詫び申し上げますm(_ _)m

 

自分のところはどうなのかって、また違った目で観て改善していくことが出来ます。

メッチャ得した学びの時間でした。

 

コメントを残す