どうして営業を続けるのか?|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ 店舗情報

どうして営業を続けるのか?2020-04-14

こんな時だからこそ問い直しています。

 

我々は何のために「商い」をしているのか?

 

 

コロナ災害の中、自粛で世の中のシュリンクが止まりません。

 

もちろん危険を冒して変なところを出歩いたり、ムチャをするのは論外ですが、日々の暮らしの中から潤いがなくなっていくのも悲しいことです。

 

 

快足楽歩カンパニーおさだウイズ店は、今のところ営業を続けています。

 

しっかりご予約をしていただいて、ソーシャルディスタンス(安全距離・時間)を取りながらお越しくださるお客さまのお役に立てるようにしています。

 

 

昨日お越しいただいたMさまご夫妻。

 

お子さまの式やご自分の参加される(時期は未定になってしまったようですが)パーティなどのためのパンプスを引き取りに来てくださいました。

 

 

笑顔になっていただけた靴

この色合いにとても悦んでいただきました

 

 

これは昨年オーダーで承ったものですが、フィッティングチェックのためにお履きいただいたときの笑顔がとても感動的でした。

 

本当ですと近々履いていかれる予定だったのが狂ってしまわれたようですが、またその機会は巡ってきます。

 

その時にすてきな笑顔でご参列される光景を待ち望んでお持ちいただきました。

 

 

お客さまが来られないからとかスタッフの健康を考えて一時休業されるところも多くなっていますが、当店は無理をしないで中にいる人間でまわせるようにして、営業を続けます。

 

もちろん感染対策には徹して心を砕いています。

 

 

医療の現場最前線でがんばっておられる医療従事者の方々や、モノの流れが止まらないようにしてくださっている運送関係の方々とは少し立場は違うのかも知れませんが、世の中から潤いが消えてしまわないよう微力ですが、もう少しがんばっていきます。

 

 

刻々と状況は変わってきていますので、絶対はないですが、今のところ、定休日以外外は営業を継続しています。

 

よろしかったら、ご予約の上、笑顔を探しにお出でになりませんか?