Loading...

こちらで、お客様とわたし(おさぴー)が、よくお話をすることや、よくご質問をいただく内容とそのお答えをご紹介しています。これをご覧のお客様も、意外と同じ悩みをお持ちでは?

多くの靴屋さんの店頭で「外反母趾用の靴」というのを見かけますが、すぐに飛びつくのはちょっと危険です。
「外反母趾」と一口に言っても、その原因や症状は千差万別で、その状態によって対処の仕方も変わってきます。
おさだでは足の状態を確認し、一番良い方法と靴選びをご提案させて頂きます。ぜひ一度ご相談ください。

タコや魚の目の原因の多くは、その個所に常に大きな負担がかかってしまっていることです。ですから、いくらそれらを削っても、また出来るのです。
タコや魚の目からサヨナラするためには、「靴」を変えることが大事です。フットベッド(中敷き)や靴を調整することで、かなり改善されることもあります。

コメントを残す

ハンマートゥは、靴の中でつま先が屈曲している状態が続いて変形していますので、つま先に充分余裕のある靴を履き、なおかつ靴の中で足と趾が前滑りしないことがポイントです。
靴選びとしては、踵から甲周りまではしっくりと密着していて、それでいて、つま先には十分な余裕が必要なのです。
でも、ハンマートゥはなかなか治りにくいです。ならないようにすることが大事です。そんなご相談も、店頭でお受けいたします。

コメントを残す

歩く時には、足も靴もいろいろに形を変えます。
双方の間には微妙なズレが生じます。このズレ方がうまくいっている靴は内部もむれず、スムーズに歩けて履き心地も良いものです。
しかし、足への圧迫が強すぎたり、逆にゆるすぎて足が靴の中で大きく動いたりすると、摩擦によって靴づれができてしまいます。
ですから、ゆるければ靴ずれが出来ないのではなく、逆に出来やすいのです。
おさだでは、正確なフィッティングを心がけ、少しでもそのようなことの無いように慎重にチェックしています。

コメントを残す

もし通販で買えるメガネがあったら、あなたはお買い求めになりますか?
目の度数を知らせるとメガネが届く・・・「うそ~!!」とお思いになるでしょう。(驚いたことに、この頃はあるようです (@_@)。。アンビリーバブル)
足に合う合わないがミリ単位で決まる靴は、それを使う人に合わなければ支障をきたすという点では、メガネ選びとよく似ているのです。
私は、「メガネと入れ歯と靴は通販では買えない商品である」と思っています。
靴のフィッティングというものは、なかなかに難しいのです。

コメントを残す

一般的には足が一番大きくなる夕方が良いと言われています。
ただし、これは個人差があり、朝のうちが大きかったり、一日中あまり変わらないという方も多くおいでになります。
ですから、まず自分の足の性質をよく知っておくことがポイントです。
おさだでは、その辺りのことも充分お聞きしながら、靴選びをしています。

コメントを残す

簡単に言ってしまえば、正確な知識と技術があって、しかも、親切に相談に乗ってもらえるお店を、近所で探すこと、これが一番です。
そして、そのお店でお友達になってしまえば、いろいろ便利かとも思います。ぜひ、おさだへお出で下さい。あなたの足の良きアドバイザーになりますよ。

コメントを残す

足と靴を知り尽くしたシューフィッターが親身になってご相談に応じます。ただし、あまり無理な期待はしないで下さいね。
「ヒールの高いプレーンパンプスで、一日中、仕事履きでOK」なんて靴は無理ですよ ・ ・ ・ ・ (^^;)。
T.P.Oに応じてのご要望には一生懸命応じますが、何でも可の「魔法の靴」はありませんので、ご了承下さいね。

コメントを残す