なんか、今浦島みたいですが、仕合わせです|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

なんか、今浦島みたいですが、仕合わせです2017-10-25

21日の土曜日から休暇をいただき、入院していました。

 

あっ、即命に関わる状態ではないのでご安心を。。

 

全身麻酔の診察

超久しぶりの全身麻酔。手術の時もまったく覚えていませんでした。

 

 

経年変化で起こる疾患で、手術以外には治療方法がないと云うことで、自覚したときに速攻で手術を受けることを決めました。

他のことでお世話になっている先生にお話したらすぐに紹介状を書いていただき、あっという間に手術&入院が決まりました。

最新の腹腔鏡手術で、開腹手術に比べて低侵襲、再発率も極端に低いということで安心してお任せしました。

お世話になった病院は、日本でもトップクラスの術数をされていることでも信頼できました。

その代わり、手術が終わったら何日も泊めてもらえず、すぐに退院って聞いていましたが、実際そうなりました。まっ、いいことですよね。

 

退院前に部屋から外を望む

退院の時、晴天だったら良かったのにって言うのは贅沢ですよね(^_^;)

 

入院してオペまでは二日あったので、本2冊持っていきましたが両方とも読了。もう一冊と思いましたが、その代わりにしっかり睡眠を取ることが出来ました。

 

いやぁ、夜9時に寝ると、どうしなくても朝6時頃には目が覚めます。これっていいですね。

って、どうでもいいようなお話でごめんなさい。

 

まとまった時間を取れ、これまでを振り返ることや今後をじっくり考えることができました。

やまださん、南沢さん、青木さん、それにカミさんに感謝です。

 

 

こうして悪いところを治していただき、もう少し世の中のお役に立てるかと思うとうれしいものがあります。

 

高校生の頃に心臓病で長期間入院し、同時期に入院した人たちが何人か亡くなったのを見ていて、拾った命というか、もう一度もらった命と思っているおさぴー。

そんな経験をしているだけに、「生かされている」感は常にあります。

 

人って、何らかの「役割」をもってこの世に出てきているのだと思います。

おさぴーの場合靴を合わせる以外、大した才能もないし出来ることは知れていますが、取りあえずまだ生かされているってことは多少なりとも世の中の何らかのお役には立てているのかなって考えています。

うぬぼれかなぁ~ (^_^;)

 

でも、生きている以上は一生懸命命の炎を燃やして、愉しく充実した人生を生きたいものと欲が出てきました。

 

もう少し、がんばってみたいものです。

凄まじいスピードで大きく変化している時代のまっただ中、地に足を付けていろんな情報を観察しながら、どうすれば世の中のお役に立てるかを探していきたいものって思います。

 

柄にもないことを書いてしまいましたが、今日はおさぴーの近況報告でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す