おさぴーなにもの|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

ダメ靴チェック

おさぴーなにもの2017-07-27

ようこそ「おさぴーなにもの」のページへ。

 

おさぴーなにもの

 

こんなヘンテコなおじさんに興味を持ってくれて、ありがとうございます!

 

おさぴーとは、刈谷市一ツ木町にあるコンフォートシューズ専門店「快足楽歩カンパニーおさだウイズ店」のオーナー兼店長なんですよ。

 

おさピー自画像

実物の横丁の靴や、おさぴーです

おさぴーは、そのニックネームです。どうぞ、おさぴーって呼んでくださいね。

 

 

「快足楽歩カンパニーおさだウイズ店」は、東海三県でひとり、全国で11名だけのマスターシューフィッターと上級シューフィッター(バチェラー)、それに義肢装具士もいる靴店です。

 

おさだウイズ店店頭

 

と云っても、いわゆるゴツいイメージの「健康靴」ではなく、スタイリッシュでお客さま方のライフスタイルに沿ったクールな靴をたくさん取りそろえています。

お客さまがお越しになったら、詳しくお話をお聴きして、それから計測、靴選び、微調整へと進んで、お客さま方には笑顔でお帰りいただけるように、日々がんばっているのです。

 

 

最大限お客さまのご要望にお応えしようとしていますが、「無理なものは無理!」って、はっきり言うところもあります。

例えば、かなりの外反母趾なのに、ヒールのあるおしゃれなパンプスを所望されても、お断りします。

あくまでも、そのお客さまが履いて生活することによって、快適で笑顔になるフットウェアをおすすめしたいと思っているからです。

 

 

そして、店内には、あまり靴は置いていません。

先にも述べましたように、そのお客さまのおみ足や用途・目的によっておすすめする靴は変わってきます。

それでも、商品に関してお客さまとの乖離(かいり)を見ることが多々あります。

ですから、お店奥にはいろいろな靴を在庫として持っていますが、店内には置かないのです。

 

こんな実例があります。お時間ございましたら、ぜひ前もってご覧になってみてください。

砂漠に水をまくようなものなのかな、って思うときがあります

人生って、決断の連続なんですよね~

 

正直、「どうして伝わらないのかなぁ」なんてへこむこともあるんです。

三度目まではやさしく言いますが、それ以上同じことをおっしゃる方には、結構厳しい対応をするようです。

そのため、当店スタッフ青木が、おさぴーのために「取扱説明書」を作っているくらいです。

 

おさだの取説

おさぴーの取扱説明書です

 

 

そんなヘンテコな靴屋ですが、お客さまは東海三県は言うに及ばず全国から来られます。

別に自慢するわけではありませんが、他店さまには置いていない商品や、独自の考え方に基づくフィッティングや接客にリピートいただける方が多いようです。

それと、かなり辛口のように申しあげるのも、お客さまへの「愛」がある からとわかってくださる方も、とても多いのですね。

 

小さな街の靴屋ですので、高望みはしていません。

こんなお店と知った上でお越しになる方々に、少しでも笑顔になっていただきたいと、日々がんばっているのです。

よかったら、ぜひ一度お越しになってみてください。

その時には、普段使われている、またはお求めの靴で使われる靴下やストッキングを忘れずにお持ち下さい。

 

あなたさまとうれしい出愛があることをこころの底から望んでいます。

 

追伸

「おさぴーなにもの」のデザインされた車内広告が、名古屋市営地下鉄に掲載されたいきさつも公開いたしました。よかったら、ご覧になってみてください。

 

人との出会いが新たな価値創造をつくるのですね

 

コメントを残す