価値を伝える難しさ|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

価値を伝える難しさ2019-06-22

トランクルーム

この頃すごく思うことがあります。 世の中がこれまでとは違うスピードでどんどん変化していて、いろんな価値が生まれていてもそこに自分の「必要」がなければスルーと云うか見落としてしまっている。 これは自分だけではなく、結構世の中の多くの人にもあるのかなって思うのです。     実は、横丁の靴やおさぴーある事情で、今すぐ使わない「モノ」たちをどこかに保管する必要に迫られました。 &nb

詳しく見る

ご自分の足を知ってみると、、、2019-05-26

細いおみ足にはシュナイダー

この頃、足の細い方々が多くなっているように見受けられます。     先日も、そんなお客さまが。 お久しぶりでお越しいただいたお客さま。 おみ足はナローで、「シュナイダー」の靴がピッタリです。 あっ、シュナイダーって細い足の女性の守護神とも言うべき靴なんですよ。   もう何足もお求めいただいているのですが、やはりそれだけではなく、ご自分の好きな違う靴も履いてみたいのが人

詳しく見る

愛のある物作り2019-05-02

アイオイオーナーの山口さん

おさだウイズ店に、お子さまのよろこびそうなダンボ-ルで造られたカートが置いてあります。   よくみると、こんな感じ。   ダンボールで出来たお子さま用カート、乗れますよ     実はこれ。   おさぴーの小さいときからの友だちで、JRの刈谷駅前でメンズショップ「アイオイ」を経営している山口さんのお手製なんです。   メンズショップ「アイオ

詳しく見る

年齢詐称疑惑(笑)2019-04-28

おさだウイズ店HPトップ

おさだウイズ店ホームページのトップページのスライドショー。   その中の一枚で、店内写真の片隅に、おさぴーとやまだ、青木の写っている写真があります。         商業界ゼミナールの笹井さんが撮って贈ってくださったもので、とっても気に入っている写真なんです。     先日、お客さまから「ちょっと若すぎる感じがするんですが(笑)

詳しく見る

価格ってなんだろう?2019-04-15

サザンオールスターズ横浜アリーナ

ある方(当店のお客さまではなく、問合せで)から、 「お宅の〇〇の品、ネットで見たところより少し高いですね」というお声がありました。 ネット上の最安値をご覧になってのことだと思いますが、「当店ではこの値段で商わせてもらっています」とお答えしました。   価格って売り方によって差が出るのは当然だと思っています。   右から左へモノを流すだけのところと、靴で言えばきちんと計測をしてお

詳しく見る

根っこにあるのは、「どうしていくのか」を徹底的に考えること2019-04-10

一見さんお断り

先日「一見さんお断りの勝ち残り経営」と云う本に出会いました。   花街に出入りされている公認会計士の方が書かれた本です     京都花街に伝わる「一見さんお断り」というルール。   詳しく知らなければ、ちょっとネガティブで嫌な感じもするものです。   でも、知っていくと、今では世界から注目されている花街、舞妓・芸妓ですが、それが350年の長きにわた

詳しく見る

あなたのそばに、、、2019-02-17

おさだウイズ店店頭

快足楽歩カンパニー おさだウイズ店の店頭ウインドウのイメージが変わりました(*^_^*)   靴型と計測器とかけそば   どうでしょうか(笑) 靴型と計測器とかけそば(の食品サンプル)です。     お越しになられたお客さま方から、   「えぇ~、あれってなぁに?」って訊かれることが増えました。   その意味は    

詳しく見る

やはり、最後は人間性なんだよね~2019-02-06

対談風景

昨日・今日とある会のお祭り(と云っても、れっきとしたセミナーです)に行ってきました。   あのジャズの殿堂「ブルーノート」を貸し切っての一大イベントです。   新進気鋭の脳科学者と師匠との対談は得るところ大でした   そこでの学びも大きいのですが、そこに集う仲間たちと語らう時間がまた良いのです。   愉しみながら、学んでいます   さりげない話をし

詳しく見る

お友達やお知り合いをご紹介いただけるとうれしいです2019-01-06

新春01

昨日、おさだウイズ店の新年初めての商いがスタートしました。     福袋やセールをやっている訳ではなく、淡々とオープンしたその日。正直、とても不安でした。 この大きな世の中の変化のなか、新年早々なにもしていない店にお客さまがお越しくださるだろうかととても不安な気持ちをもっていました。     でも、開店早々から靴の調製や修理のお客さまが相次ぎました。 &nb

詳しく見る

「終活」と思って引っ越したのですが2019-01-02

刈谷旧市街地のマンション群

横丁の靴やおさぴー、昨年12月に転居をしました。   住み慣れた家が解体されていく様はなんとも寂しい気持ちになりましたが。     ひょんなことから、50数年住み慣れた刈谷市役所近くの戸建ての家から、昔住んで(営業もして)いた同市内の銀座地区のマンションへ移りました。 お友達の女性建築士とそのチームの方々でリフォームをしていただき、快適に住まわせてもらっています。部屋

詳しく見る

1 / 5012...102030...最後 »