Loading...

BLOG

【海外からお店に靴が届くまで】

2022.01.11

青木です。

今日は商品がどのように入ってくるのかを、お客さまにも知っていただきたくて書いてみました。

このように大小の梱包で海外からの商品が送られてきます




このような商品がどのように、おさだウイズ店へくるのでしょうか?

おさだウイズ店では、主にヨーロッパのコンフォートシューズを扱っています。

総輸入元などの正規ルートでのお取り扱いです。

詳しくは下の※部分をお読み下さい。

STEP1

日本輸入代理店(各輸入元)さんの年2回ある展示会(春夏・秋冬)に行きます。



そこでオーダーできるのは、 半年先の靴になります。

半年先のサンプル商品が並んでいるわけです。

・3月頃に秋冬商品をオーダー→9月頃に入荷

・9月頃に春夏商品をオーダー→翌年の3月頃に入荷

年に2度しかオーダーできないわけです。

しかも、並んでいるサンプル品の全てが日本へ入ってくるわけではありません。

輸入元さんが日本へ在庫として入れる靴、おさだウイズ店のみが独自オーダーとして輸入してお売りする靴。それぞれの考え方でオーダーを行ないます。

具体的には

数あるサンプル靴の中から、日本人の足に合う木型の靴をセレクトします。

おさだウイズ店では、お客さまおひとりお一人を思い浮かべながら靴を選んでいきます。

当然ですが、履き心地に加えて機能性やデザイン性など自信を持っておすすめできる靴のみをセレクトしています。

ここがおさだウイズ店でしかできない最大のポイントです!!

各種取り扱いのメーカー数社から厳選した靴をオーダーして、後は半年先の入荷を楽しみに待つことになります。

サイズに関しては、輸入元さんが扱わない大きなサイズ、小さなサイズもおさだウイズ店の責任で、独自の発注をしています。イレギュラーサイズはこの時にしかオーダー出来ないのです。

※正規品とは、海外ブランドとの契約条件との元、日本の総代理店が輸入し販売される商品です。 そのため、検品や品質も保証されサポートも万全。

それに比べ並行輸入品とは誰かが海外で購入し輸入したものやセール品、型落ちなどや、もしかしたら長年倉庫で眠っていたものかすらわからない商品です。

まさに自己責任の世界です。

STEP2

入荷は靴によって異なります。
(こちらの希望通りではなく、製造元が作った順なんです)

海外製造元→輸入元に入荷、検品後→おさだウイズ店へ。再度確認の検品チェック後、安心して皆さまのもとへ…

というのが基本的な流れになります。

簡単に説明すると

正規ルートでの輸入靴を扱うおさだウイズ店でも、半年前にオーダーした靴しか入ってこないわけです。

オーダーを受けなければ海外製造元も作ってはくれませんから。

つまりは、「いつでも、なんでも、あるわけない」のです。

半年前に半年先のすべてのお客様の欲しい靴を選ぶことは、とても難しいことです。

たくさんの靴の中から選びたいお客様のお気持ちは、よ~くわかります。

ただ、おさだウイズ店で持つことのできる在庫数には限りがあります。

そして、入荷しても売れてしまえば、その後の入荷はありません。

海外製造元もそのシーズンのものを作り終えれば終了となります。

そんな靴やですが、

そこのところをご理解いただければうれしいです。

これからも、おさだウイズ店と繋がってくださる皆さまの足もとに寄り添って歩んでいきたいと思います。

どうぞ、お付き合いお願い致します!!