おさだの思う「価値って、なんだろう」|

快足楽歩カンパニーOSADAwith(おさだウィズ)

初めての方へ

おさだの思う「価値って、なんだろう」2016-04-13

この下のブログで、デスクライトスタンドのことを書きました。

ベッドサイドにおいて、夜寝る前の読書灯。

価格は、25,000円ほど。デスクライトスタンドとしては、少し値が張りますよね。

でも、その灯としての機能や心地よさから云ったら、横丁の靴やとしては充分な「価値」を感じています。

25種類の調光・調色が出来たり、手をかざすだけで電源のオンオフが出来たり、少しのチカラで思う位置にピタッとくる。

この機能だけでもすごい!って感じるのですが、読書しているときの心地よく照らしてくれる「安心感」と云うか頼りがいのある存在感。そんなものを感じて、とっても満足しています。

 

話は変わりますが、今朝の日経に、ユニクロの柳井会長兼社長さんの「ユニクロ値上げ評価されず」と云う取材記事が載っていました。

あの、ユニクロさんでさえ、「価格と価値」のギャップでこのようになってしまうことに、恐れのようなものを感じました。

それと、失敗を認めすぐさま戦略を転換したという柳井氏に、さすがカリスマ経営者!という感想を持ちました。

 

快足楽歩カンパニー おさだウイズ店。

ユニクロなどとは、規模も違いまったく比較にもならないような小さな小さなお店ですが、いつも思っていることがあります。

それは、お越しいただいたお客さまに価格以上の満足感、と云うかよろこびをお持ちいただいてお帰りいただくこと

それと、モノを売っているのではなく、それを用いることによって得られる「快感」や「満足感」と云う「ここちよさ」を商っている、と云うことです。

これも、こちらの自己満足や甘い査定ではいけません。

常に、お客さまからのお声やこころを大事にして、前進して行きたいと思っています。

 

ぜひぜひ、どんなことでも気がついたことがございましたら、教えていただきたいと思っている横丁の靴や、おさだ&やまだ&あおきです。

よろしくお願いいたします。

 

今は、来月の14日に行う 「25周年のサンクスパーティー」 でお越しいただいたお客さま方に、「よかったねぇ~」と言っていただけるよう、実行委員会の方々と一生懸命考えて準備をしています。

こんな快足楽歩カンパニーおさだウイズ店の、みんなで悦びあおうねと云う「サンクスパーティー」、まだ人数にゆとりがあります。

一緒に愉しもう、祝福しあおうというお客さまいらしたら、ぜひご参加くださいね。

それと、出席なんだけれど申込お忘れの方、ございませんか?

二日ほど前にも、「もちろん出席だけれど、参加になってる??」ってご連絡がございました。ぜひ、ご案内が届いてから「ご参加表明」されておられない方ございましたら、ご一報くださいねm(_ _)m

皆で愉しむので同じ参加費を申し受けているのですが、もちろんお気持ちの「倍返し」を考えています。こういう時の「価値観」もとても大事だって、つくづく感じている横丁の靴やです。

 

コメントを残す